呪術廻戦の乙骨は何巻何話で再登場する?出番がいつかご紹介!

呪術廻戦 乙骨 再登場 エンタメ
Pocket

2021年12月24日のクリスマスに劇場公開され話題となっている「呪術廻戦」ですが、ご存じでしょうか?

昨年は「鬼滅の刃」が劇場公開し、漫画も最終巻を迎え世の中ビックリするほど人気と話題になりましたが、呪術廻戦は次に人気が出るのではと期待されていた作品の1つになります。

私も漫画を購入し毎回楽しんでいますが、「D.Gray-man」「東京喰種(トーキョーグール)」「鬼滅の刃」等のダークファンタジーが好きな方におすすめの作品になります。

ストーリーとしては「東京喰種」よりは軽く「鬼滅の刃」よりは重い印象ですが、内容がちょっと難しく頭を使う部分もあり、とても面白い作品です!

私にとって呪術廻戦はとてもお気に入りの作品で、一昨年出会ってからコミックは毎回発売日に購入していていますし、昨年のアニメ放送もしっかり録画して見てたり、映画もムビチケを購入して公開日は仕事もしっかり休んで楽しみにしていました!

そこで今回は公開された映画の主人公である乙骨憂太(おっこつゆうた)に焦点を当て、乙骨が何巻何話で登場し再登場するのか出番をご紹介したいと思います!

映画を見て乙骨が何巻の何話で出てくるのか出番が気になっている方はぜひ読み進めてください!

 

呪術廻戦の乙骨は何巻何話で再登場する?

漫画 マンガ コミック

それでは呪術廻戦の乙骨は何巻何話で再登場するのか出番をご紹介していきたいと思います!

映画で初めて呪術廻戦を見た方で乙骨の登場シーンを知りたい方や、今から呪術廻戦を読んでみたいなと考えている方もいらっしゃるかと思いますので、まずは呪術廻戦のストーリーと乙骨について少しご紹介した上で、具体的な乙骨の出番をご紹介したいと思います。

 

呪術廻戦とはどんなストーリーなのか

本 開く

呪術廻戦は人間のマイナスの感情から生まれた呪霊(呪い)を呪術師が祓うというバトル漫画です。

呪霊は普通の武器では敵わず、呪力をもって祓うしかありません。

そんな呪霊や呪力などとは無縁の主人公の虎杖悠仁(いたどりゆうじ)が、封印されていた両面宿儺(りょうめんすくな)という超強力な呪霊の指を食べて取り込んだことで呪力を得、呪術師としての道を歩むことになり、仲間と成長したり、葛藤したり、思いっきりバトルする話になります。

指を食べると聞くと「ゔっっ」と思いますが、それも対峙する呪霊に対抗して人を助けるためにやったことで、虎杖はヤンチャボーイという印象ですが人を大切に思う心優しい青年で素敵な主人公です。

そして虎杖を取り巻く周りの仲間もクセがありながらも魅力的で、バトルもスカッとするくらい派手なのでバトル漫画が好きな方にはおすすめです!

また、術式という呪術師が使う技のようなものがあるのですが、それがけっこー複雑で「この術式どーゆーこと!?」とすぐにわからないこともあり、深く考えるのが好きな方にもおすすめです!

私はこの複雑な術式を思いつく作者の芥見先生はすごいなーと思いつつ、わからないと悔しいのでわかるまで読み直したりするのがけっこー好きです。

 

乙骨は主人公?

主人公

2021年12月24日に映画公開された呪術廻戦の主人公となりますが、乙骨は作品自体の主人公ではありません。

ですが、主人公虎杖の1コ先輩で、なんと最強の五条悟(ごじょうさとる)と同じ特級呪術師というめちゃめちゃ最初から強い人で、虎杖の同級生の伏黒が「唯一手放しで尊敬できる人」と言っていたり、めちゃ強い虎杖の先輩である東堂も乙骨には負けたということで、とにかくとても強いという印象を残していました。

しかし、1巻から読んでいると一向に乙骨は登場しないですし、なんだかとても強いけどいない人なんですよね(笑)

私は1巻から10巻くらいまで一気に読んでいったので、「乙骨って誰?」「主人公たちがこんなに苦境なのに登場しないのなんでだろう」「学生なのに海外にいるってことは留学してるってこと?」などとにかくつかみどころのない存在でした。

そんな最初はつかみにくい方も多いかもしれない乙骨ですが、しっかり登場していますのでその登場シーンをご紹介したいと思います!

 

呪術廻戦の乙骨の出番がいつかご紹介!

紹介する

それでは、乙骨の出番がいつかご紹介していきたいと思います!

具体的に見ていきたいと思いますので、漫画で乙骨が見たい方はご参考になさってくださいね。

 

0巻で初登場!

呪術廻戦 0巻

「えっ、0巻って?」と思う方もいるかもしれませんが、呪術廻戦には0巻が存在し、本編の前の出来事について描かれている前日譚なのですが、ここの主人公が乙骨で初登場になります。

元々乙骨は何となくひ弱そうな印象なのですが、幼い頃に結婚の約束をして交通事故で亡くなってしまった“里香ちゃん”が、ものすごくヤバイ特級過呪怨霊になって乙骨に憑き、乙骨に危害があると思うと乙骨の意思に関係なく里香ちゃんが周囲に危害を加えてしまうということで、乙骨は苦しみ暗い印象でした。

そんな中、五条悟と出会い、呪術高専へ入学し、虎杖の先輩であるパンダ・真希・棘と交友を深めつつ呪術師として成長し、夏油傑(げとうすぐる)が起こした百鬼夜行で活躍する姿が描かれています。

サクッと書きましたが、この0巻は3巻と同じ日に発売されていますし、「乙骨って誰?」と思った段階で読んだ方がストーリーを楽しめるのではないかなと思います。

ただ、0巻の百鬼夜行の主犯格の夏油傑がどうしてこういうことを起こすに至ったかが8・9巻の過去のストーリーを読むとわかってくるので、それに合わせて読んでみるのもおすすめです。

0巻は映画化されましたが、ストーリーもテンポよく乙骨の強さの理由がわかったり、バトルも激しいので私は大好きな1冊です!

 

16巻37話で再登場! ※ネタばれあります

呪術廻戦 16巻 37話

0巻で登場してから扉絵で少し登場するくらいしかなかった乙骨ですが、ついにがっつりと16巻37話で再登場します!

ただ、その登場の仕方が「虎杖を殺す」という目的のものだったので衝撃的でした。

渋谷事変で五条悟が封印されてしまったことで、五条がいたことでなんとか守られていた人たちを処分するということが決まり、その処刑人が乙骨だということです。

141話で里香ちゃんも再登場しますが、読んでいても「うわっ」と思ったほど相変わらずヤバイ感じが伝わると同時に、まだ乙骨と一緒に居ることができたことがわかって「よかったな」と思いました。

 

17巻でも146話まで登場! ※ネタばれあります

呪術回戦 17巻

バトルシーンはありませんが17巻146話まで安定的に登場しています。

乙骨は虎杖を追い詰め殺しましたが、心臓が止まると同時に反転術式で一気に治療して生き返らせ、なぜそのような行動に出たのかが描かれています。

0巻の最初の頃のような弱々しい印象はなく、虎杖や伏黒にとってとても頼りになる姿が描かれています。

これからメインになてくる死滅回遊編ですが、死滅回遊に乙骨も参加するということで、これからたくましくなった乙骨のバトルシーンを見ることができそうで楽しみです!

 

最新刊の18巻には登場する?

最新刊

遂に2021年12月25日に発売された18巻に乙骨出てくるかな、と期待していましたが乙骨は出てきませんでした。

その代わり新しい先輩で問題を起こして停学中の秤金次(はかりきんじ)星綺羅羅(ほしきらら)が登場します。

死滅回遊のため協力を依頼しに行くのですが呪術高専を警戒している秤になかなか近づけず、虎杖や伏黒、パンダが奮闘するのですが、伏黒がけっこーかっこいい感じで活躍しているのとパンダがかっこかわいく描かれていました!

個人的にパンダが大好きで、人として(パンダですが)一番素晴らしい人格だなと思いますし、パンダ出てきてテンション上がりましたね。

ストーリーとしては内容が軽く、今までちょっと重めの話が続いていたので一息抜けるような読みやすい巻でした!

遂に虎杖・伏黒が死滅回遊の結界内に入り参戦するため、また乙骨が登場するのも近いかもしれません!

 

まとめ

マンガを読む

呪術廻戦の乙骨は何巻何話で再登場するのか出番をご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?

少しネタバレもありますが、やはりマンガでハラハラしながら読むのが一番面白いと思いますのでなるべく詳細を書かないようにしましたが、乙骨の出番は0巻で登場し16巻で再登場、17巻で死滅回遊に参加することになり、これからの登場が期待できます!

0巻のときから成長した乙骨が里香ちゃんと一緒にどんな風に戦うのか本当に楽しみですね!

また、呪術廻戦をまだ読んでない方は、それぞれの登場人物の術式がけっこ―難しいことはありますが、登場人物達が胸に秘めている悲しみや想いが登場人物達の魅力を引き出し読む側を引き込みますし、バトルシーンはスピード感あり迫力があるので、興味がある方はぜひ読んでいただきたいなと思います!

次回19巻は2022年4月4日(月)に発売とのことで今から待ち遠しいですね!

それでは、乙骨が何巻何話で登場するのか出番が気になっていた方は、ぜひ0巻、16巻、17巻を読んでみてくださいね!

最後までお読みいただきありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました